mikoの日記

自分らしく生きたい、自然と調和して生きたい、と願う筆者の気ままな日記です。母から譲り受けたミラーレス一眼片手に町を歩き回ります。又、薬膳コーディネーターとして、ちょこちょこ薬膳レシピも上げてゆきます。

昭和薬科大学。

昨日は、昭和薬科大学の薬草園へ行ってみた。

東京薬科大学ほどではないけれど、それなりの広さがあって、

なかなかの見ごたえ。

薬草園の見学の前には、みなさんもよく知っている植物、”ウコン”についての講義があり、

かなり充実した薬科大訪問だった。

今日は、自分の覚え書的に植物の名前と写真をだぁーっと上げていくので、

興味の無い人はこの辺で読み終わってください(笑)^^

 

f:id:mikolu:20161030074551j:plain

クララ

f:id:mikolu:20161030074804j:plain

ヒロハセネガ

セネガ根は、鎮咳去痰薬。

f:id:mikolu:20161030075006j:plain

オオバナオケラ

白朮(びゃくじゅつ)

根茎を使用

補気類(ほきるい)、微温、甘、苦

益気健脾、健脾燥湿

f:id:mikolu:20161030075209j:plain

ステビア

天然甘味料。

葉をかむと甘い。

f:id:mikolu:20161030075336j:plain

わた

f:id:mikolu:20161030075524j:plain

ケナフ

f:id:mikolu:20161030075913j:plain

タイセイ

板藍根(ばんらんこん)

清熱解毒類(せいねつげどくるい)、寒、苦

清熱涼血、解毒利咽

f:id:mikolu:20161030080054j:plain

ノコギリソウ

f:id:mikolu:20161030080239j:plain

リュウノウギク

f:id:mikolu:20161030080435j:plain

フジマメ(白)

白扁豆(びゃくへんず)

補気類(ほきるい)平、甘

健脾去湿、消暑和中

f:id:mikolu:20161030080749j:plain

フジマメ(紫)

中薬にはならない

f:id:mikolu:20161030081011j:plain

ノゲイトウ

青箱子(せいしょうし)

種子を乾燥させたもの

鎮肝(ちんかん)、明耳目(めいじもく)『本草綱目』

f:id:mikolu:20161030081613j:plain

ツリガネニンジン

南沙参(なんしゃじん)北沙参はハマボウフウの根、効能は同じ

根を乾燥させたもの

滋陰類(じいんるい)微寒、甘、微苦

潤肺止咳、養胃生津

f:id:mikolu:20161030082559j:plain

キバナオランダセンニチ

f:id:mikolu:20161030082859j:plain

オランダセンニチ

f:id:mikolu:20161030083040j:plain

タンジン

丹参(たんじん)

活血化瘀類(かっけつかおるい)、微寒、苦

活血去瘀、養心安神、涼血消癰

f:id:mikolu:20161030084213j:plain

アイ

藍染めの染料。

f:id:mikolu:20161030084427j:plain

f:id:mikolu:20161030084703j:plain

ウコン

生姜のような根茎を乾燥させて、粉末にして使用。

活血化瘀類、寒、辛、苦

涼血清心、活血止痛、行気解鬱、利胆退黄

カレー粉に入っている着色料、クルクミンを含むターメリックの原料。

姜黄(きょうおう)はハルウコンの根。

効能はほぼ同じだが、ウコンの方がクルクミンの含有量が多い。

f:id:mikolu:20161030085421j:plain

ミント

薄荷(はっか)

辛涼解表類(しんりょうげひょうるい)、涼、辛

疏風清熱、清利頭目、宣毒透疹、疏肝解鬱

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・