mikoの日記

自分らしく生きたい、自然と調和して生きたい、と願う筆者の気ままな日記です。母から譲り受けたミラーレス一眼片手に町を歩き回ります。又、薬膳コーディネーターとして、ちょこちょこ薬膳レシピも上げてゆきます。

少しの秋・・・

今晩は、ちょっと秋を感じる食べ物たち。

f:id:mikolu:20161017194539j:plain

ずいき。

里芋の芋がら。

里芋自体は化痰類=痰を切る

また、化痰軟堅、消腫散結=痰を切り、腫瘍を消す

益胃寛腸通便=胃を保護し腸を広げ便通をよくする

ただし、消化不良で胃痛がある人や胃腸に湿熱がこもっている人は控える。

ずいきはこうなりました。

f:id:mikolu:20161017203013j:plain

甘酢漬けにするととてもおいしい。

f:id:mikolu:20161017203237j:plain

こちらは安納芋のいもづる。

芋の方はまだもう少し持つので、先にこちらを調理。

つるの方はゴマ油で炒めて甘辛に味付け。

f:id:mikolu:20161017203732j:plain

葉は茹でておひたし

f:id:mikolu:20161017203945j:plain

さつまいもは補気といって、身体を流れるエネルギーを補給してくれる。

その他、益気健脾=気を補って脾臓膵臓)を養う

    和中調中=胃腸の調子を整える

    潤腸通便=腸内を滑らかにし便通をよくする

    退黄乳通=黄疸を消し母乳を増やす

などの効能がある。

また、冬においしい山査子。今日は加工された干し山査子を買ってきた。

f:id:mikolu:20161017204917j:plain

甘酸っぱくておいしい。

パクパク食べれて、晩御飯があまり食べられなくなるほど。

山査子は消食類=消化を助ける

特に、お肉を食べすぎて消化不良になったときに効果あり。

また、女性だったら、生理痛がひどいときに食すと、ドロドロとした血をさらさらにして流れをよくし、生理痛を改善する。

ただ、胃酸過多の人は注意。

また、人参と一緒に食するのはよくない。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

食養生の大切さがだんだんわかってきた・・・。